スタッフ紹介

スタッフ紹介

本教室で働くスタッフをご紹介します。

山田 忠明

山田 忠明 准教授

山田 忠明
詳しいプロフィールを見る
出身大学 川崎医科大学
主な略歴
1999年 川崎医科大学卒業
1999年 京都府立医科大学附属病院第二内科 研修医
2006年 徳島大学大学院医学研究科 特別研究派遣学生
2007年 京都府立医科大学大学院医学系研究科修了
医学博士取得
2008年 金沢大学附属病院がん高度先進治療センター
助教
2012年 金沢大学附属病院がん高度先進治療センター
講師
2013年 米国オハイオ州立大学腫瘍内科 Visiting Scholar
2015年 金沢大学がん進展制御研究所腫瘍内科 助教
2017年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 講師
2018年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学
病院准教授、診療科長
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学
准教授、診療副部長
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本呼吸器学会 専門医、指導医
日本呼吸器内視鏡学会 専門医、指導医
日本臨床腫瘍学会 がん薬物療法専門医、指導医
日本癌学会 評議員
日本肺癌学会 評議員
日本がん分子標的治療学会 評議員
専門分野 呼吸器内科学、臨床腫瘍学
受賞歴
2011年 日本がん分子標的治療学会 研究奨励賞
2013年 日本呼吸器学会 奨励賞
2013年 日本癌学会 奨励賞
2020年 日本肺癌学会 篠井・河合賞
2021年 ACCP日本部会賞

Message

我々、呼吸器内科がカバーする領域は急性期から慢性期の疾患まで多岐にわたり、一般内科の幅広い知識が必要になります。その一方、多様な呼吸器領域において、その専門性を高めることができ、たいへんやりがいのある診療科だと思っております。当科は、多様なバックボーンを持つ各領域のspecialistが数多く在籍しているため、様々な視点から臨床的な課題を解決していけることが他にない魅力の一つです。私は長年、がん研究をライフワークにしてきましたが、これからも臨床医としての視点を大切に、がん患者さんに役立つ研究や臨床を続けていきたいと考えております。また、より多くの呼吸器内科医、physician scientistの育成に携わることで、社会貢献したいと考えております。
呼吸器内科、腫瘍内科に興味のある先生方、当科で一緒に楽しく仕事をしながら自分を高めていきましょう。まずは当科にまで見学にお越し下さい。

金子 美子

金子 美子 学内講師 (教育センター)

金子 美子
詳しいプロフィールを見る
出身大学 筑波大学
主な略歴
2000年 筑波大学卒業
2000年 筑波大学附属病院呼吸器内科
2013年 筑波大学大学院呼吸器病態医学分野 医学博士取得
2013年 京都府立医科大学附属病院呼吸器内科 病院助教
2017年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 助教
2020年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 学内講師 
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本呼吸器学会 専門医・指導医
日本アレルギー学会 アレルギー専門医
ICD制度協議会 Infection Control Doctor
日本がん治療認定機構がん治療認定医
専門分野 呼吸器内科学、慢性炎症性肺疾患

Message

腫瘍あり、感染症もあり、そして免疫関連疾患も多く扱う呼吸器領域は、肺という臓器を通してまずは内科医としての力を培える診療科です。
思えば特定の疾患への興味関心が絞り切れずにいた研修医時代、呼吸器内科には内視鏡手技のほか、画像・病理・培養検査等たくさんのツールがある事も、いろいろ決めきれない私が呼吸器を専攻した理由の一つでした。
今も日進進歩のがん診療や、慢性気道炎症疾患の診療に携われることを幸せに感じています。研究面では薬剤性肺障害・特にSteven-Johnson症候群呼吸器合併症の調査研究を当院眼科と協力し行っています。
2021年4月からは本学の教育センターに配属となり、医学部学生の教育カリキュラムに関する業務を担当しています。
私は家人の異動に伴い卒後6-8年目に休職、またその後大学院を卒業した13年目に関東から京都に転居した経緯があります。こちらで医局に支えて頂きながら現在まで仕事を続けることができました。このような経験もお役に立てるなら、ぜひ先生がたと一緒に勉強していきたいと思います。気軽にお声かけください!

徳田 深作

徳田 深作 助教

徳田 深作
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2004年 京都府立科大学卒業
2004年 市立大津市民病院 研修医
2005年 京都府立医科大学附属病院 研修医
2006年 京都府立医科大学大学院医学系研究科 細胞生理学
助手
2008年 京都第一赤十字病院 呼吸器科 専攻医
2014年 神戸大学大学院医学研究科修了
医学博士取得
2015年 京都大学附属病院呼吸器内科学 医員
2015年 京都大学附属病院呼吸器内科学 医員
2017年 米国カンザス大学へ海外留学 Visiting Scholar
2020年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 後期専攻医
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 助教
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医
専門分野 呼吸器内科学全般

Message

呼吸器内科の臨床全般に興味があります。また癌に関わる基礎研究を10年以上続けています。

岩破 將博

岩破 將博 助教 (がんゲノム医療センター兼任)

岩破 將博
詳しいプロフィールを見る
出身大学 岡山大学
主な略歴
2005年 岡山大学卒業
2005年 雪の聖母会 聖マリア病院 初期研修医
2007年 倉敷中央病院 呼吸器内科
2013年 京都大学大学院医学研究科 社会医学系専攻薬剤疫学・臨床研究管理学
2019年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 助教
国立がん研究センター中央病院 呼吸器内科 医員
(クロスアポイント)
2020年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 助教
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医・総合内科専門医
日本呼吸器学会 専門医
日本がん治療学会 がん治療認定医
社会医学系専門医
医学博士
専門分野 呼吸器内科学、がんゲノム、臨床疫学

Message

呼吸器診療は、幅広い疾患・分野を扱います。そのため、全身を診ることや他診療科と関わることが多いように感じております。さまざまな臨床上の経験から、疑問や興味が生まれ、それが次のステップへとつながっていく。私自身、呼吸器内科診療を軸に臨床疫学、がんゲノム診療といった臓器別診療と臓器横断的医療に携わっております。裾野が広いゆえに様々なアプローチがとれることは当科の魅力の一つです。
また当教室の魅力は、何より風通しが良いです。若い先生が多いので活気がありますし、同期が多いと、同じような悩みや、知識の共有もしやすいメリットがあります。医局で、横のつながりだけでなく、縦のつながりができると、症例の相談をしたり、自分のロールモデルを見つけやすい点も魅力だと思います。
ぜひ一度ご連絡ください。皆様と一緒に働けることを楽しみにしています。

森本 吉恵

森本 吉恵 助教 (化学療法部兼任)

森本 吉恵
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2008年 京都府立医科大学卒業
2008年 松下記念病院 初期研修
2010年 住友病院 後期研修・呼吸器内科医員
2014年 京都府立医科大学附属病院 後期専攻医
2015年 京都府立医科大学大学院医学研究科入学
京都府立医科大学免疫学教室所属
2019年 京都府立医科大学大学院医学研究科修了
医学博士取得
2019年 京都府立医科大学附属病院 後期専攻医
2020年 京都府立医科大学附属病院 病院助教
2020年 京都府立医科大学大学院医学研究科呼吸器内科学 助教
京都府立医科大学附属病院化学療法部 助教
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医・総合内科専門医・指導医
日本呼吸器学会 専門医
日本がん治療認定機構がん治療認定医
専門分野 呼吸器内科学、腫瘍免疫学

Message

肺という臓器の面白さに魅せられ、呼吸器内科の道に進みました。画像を中心に疾患を読み解き診療する楽しさは10年経っても変わりません。
入局して良かったことは、多くの呼吸器内科医との繋がりができたこと、子ども2人に恵まれながら基礎研究で学位論文を取らせてもらえたこと、子育て中もオーバーワークにならない範囲でやりがいのある仕事をさせてもらえること、です。女性に限らず経験年数を重ね、やりたいことが変わってきたときに、選択肢を狭めず色々な働き方ができるのは、やはり医局の強みだと実感しています。
若手もカンファレンスで自由に発言できる雰囲気の良い医局です。皆さんと一緒に働ける日を楽しみにしております。

吉村 彰紘

吉村 彰紘 助教 (創薬センター)

吉村 彰紘
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2013年 京都府立医科大学卒業
2013年 京都第一赤十字病院 初期研修医
2015年 京都第一赤十字病院 呼吸器内科 専攻医
2018年 京都府立医科大学大学院医学研究科 入学
2021年 京都府立医科大学大学院医学研究科 修了
医学博士取得
2021年 京都府立医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科学 助教
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医
日本呼吸器学会専門医
日本臨床腫瘍学会がん薬物療法専門医
日本がん治療認定機構癌治療認定医

Message

呼吸器内科は、急性期から慢性期、悪性腫瘍から喘息やCOPDといった炎症性肺疾患などの幅広い分野を担当します。また、肺性心や膠原病肺といった他科とも協力して診療にあたる必要のある疾患もあり、単に知識だけでなくコミュニケーションなどの様々な能力も求められます。私自身もこれまでに大変な思いをしたこともありましたが、その分、やりがいのある科だとその度に感じさせられております。
さらに診療に加えて、当科大学院では基礎研究・臨床研究も行っております。診療を行っていきますといろいろな臨床的な疑問が出てくると思います。これらの研究で疑問は解決することができますが、一から自分一人でやっていくのは本当に大変です。当科大学院では、研究におけるサポート体制が整っておりますので、それらのノウハウを一から学ぶこともできます。
当科の一番の魅力は若手の先生が多く、いつでも同期や少し上の先輩の先生たちにすぐに相談できることだと思います。当科に少しでも興味のある先生や大学院への進学を検討している先生は、一度、見学に来ていただき、是非とも当科の雰囲気を感じてください。皆様と一緒に働くことができる日を楽しみにしております。

医局員紹介

本教室の医局員をご紹介します。

西岡 直哉 大学院生 (静岡県立静岡がんセンターへ国内留学中)

詳しいプロフィールを見る
片山 勇輝

片山 勇輝 大学院生

片山 勇輝
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2015年 京都府立医科大学卒業
2015年 市立大津市民病院研修医
2017年 京都府立医科大学附属病院専攻医
2018年 JCHO京都鞍馬口医療センター専攻医
2019年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
内科認定医

Message

卒後臨床研修を含め4年間研修した後、2019年から大学院に入学しました。
昨年度は臨床に従事しながら、スタッフの先生方に教わりつつ肺癌の免疫療法や化学療法の臨床研究を行っておりました。2020年度からは基礎研究主体となり、分子標的薬の耐性メカニズムの解明の基礎研究を開始しております。
臨床研究・基礎研究共に、研究の成果を患者様へ還元できるよう日々尽力して参ります。

森本 健司

森本 健司 大学院生

森本 健司
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2012年 京都府立医科大学卒業
2012年 近江八幡市立総合医療センター研修医
2013年 京都府立医科大学研修医
2014年 京都府立医科大学専攻医
2016年 公立南丹病院(現:京都中部総合医療センター)
呼吸器内科医員
2019年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
日本呼吸器学会呼吸器専門医
日本気管支内視鏡学会気管支鏡専門医
日本内科学会内科認定医
日本結核学会抗酸菌症認定医

Message

京都中部総合医療センターで3年間の勤務後、2019年から大学院に入学しました。スタッフの先生方をはじめ、他の呼吸器科医の先生方から刺激を受け、学ぶことが多く、大変有意義な日々を過ごせています。2020年からは基礎研究主体となり、初めての経験で緊張感を持ちながらも、興味をもって実験させていただいています。

田中 理美

田中 理美 大学院生

田中 理美
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2014年 京都府立医科大学卒業
2016年 市立大津市民病院 前期専攻医
2019年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医
日本呼吸器学会呼吸器専門医

Message

私はもともと疾患治療だけでなく、予防学や栄養・リハビリテーションといった非薬物療法にも興味がありました。また研修医として働いていたころ、呼吸不全や癌の末期の患者さんへの緩和ケア治療というものも経験し、苦痛緩和の大切を痛感しました。多種ある診療科の中からどこを専門にするか迷った際に、すべてが凝集されているのが呼吸器内科でした。
前期専攻の3年間を大津の地で過ごした私は、2019年より大学院に入学し、2年目は呼吸器内科に籍をおきつつ病院病理部で研鑽を積んでいます。病理学はCTや病態と絡めて改めて勉強すると、学部時代とはまた違った面白さがあり、確実に今後の呼吸器診療に深みがでると確信しています。
呼吸に興味がある人はもちろん、興味がある専門を絞り込めない人も、様々な疾患を診られるようになりたい人も、呼吸器を専門にして後悔はしないと思います。ぜひ一緒に働きましょう。

瀬戸 友利恵

瀬戸 友利恵 大学院生

瀬戸 友利恵
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2013年 京都府立医科大学卒業
2014年 京都府立医科大学附属病院 研修医
2016年 京都府立医科大学附属病院 呼吸器内科 前期専攻医
2017年 産休・育休のため休職
2018年 京都府立医科大学附属病院呼吸器内科 専攻医に復職
2019年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医
所属学会 日本内科学会
日本呼吸器学会
日本呼吸器内視鏡学会
日本肺癌学会
日本アレルギー学会
日本結核・非結核性抗酸菌症学会

Message

いろんな科をローテートした研修医時代。癌を診たいと考えてはいたものの、どの科も魅力的で進路に悩みに悩んだ私は、腫瘍から感染症、アレルギーまで幅広く診ることができ、さらに気管支鏡やドレーン、人工呼吸器といった様々な手技のあるよくばりな呼吸器内科に決めました。実際にどの疾患も非常に奥が深く、特に肺癌においては分子標的薬や免疫チェックポイント阻害薬などの新薬が次々と使用できるようになってきており、非常にやりがいを感じています。
産休で一年半ほど休職することとなりましたが、医局の先生方や周囲の支えもあり、無事復職することができました。今では3歳児の子育てに追われながらも、日々診療と研究に取り組み、充実した日々を送っています。
肺癌を中心に呼吸器疾患における新知見が次々と発見される中、当院では様々な臨床試験や医師主導治験を行っており、一人でも多くの患者さんのためになるようチーム一丸となって取り組んでいます。
呼吸器内科に興味のある先生方は、ぜひ一度見学にいらしてください。一緒に楽しく働きましょう!

濱島 良介 大学院生 (長崎大学へ国内留学中)

詳しいプロフィールを見る
宇田 紗也佳

宇田 紗也佳 大学院生 (感染病態学)

宇田 紗也佳
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2013年 京都府立医科大学卒業
2013年 京都第一赤十字病院 初期研修医
2015年 京都第一赤十字病院呼吸器内科 専攻医
2020年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医
日本癌治療認定医機構 がん治療認定医

Message

急性期から慢性期、軽症例からICU管理を要する重症例、診断・治療開始から終末期までと、幅広い臨床に惹かれて呼吸器内科医を志しました。学生時代には悪性腫瘍診療に抵抗を感じたこともありましたが、日々多様化する抗癌剤を武器に、診断・治療・終末期ケアと人生の大切な場面に寄り添うことができる肺癌診療では、いつも勉強させて頂くことばかりです。今後はsubspecialityとして感染症分野に精通していきたいと考えています。
呼吸器内科を選択した後も自分の興味のある分野の専門性をさらに高め、また様々な専門性をもつ先生方と幅広い分野の診療を行えることが、呼吸器内科の魅力だと思います。今後も呼吸器内科医として、一般内科医として精進していきたいと思います。

松井 遥平

松井 遥平 大学院生

松井 遥平
詳しいプロフィールを見る
出身大学 島根大学
主な略歴
2015年 島根大学卒業
2015年 京都中部総合医療センター  初期研修医
2017年 市立大津市民病院 専攻医
2020年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
内科認定医

Message

卒後臨床研修も含めて5年間は市中病院で臨床に従事し、今年から大学院生として大学で勤務しています。この1年間は臨床しつつ、スタッフの先生方や院生の先輩方に実験の基礎や実技について教えて頂いております。今後は肺癌の化学療法についての臨床データの解析や、分子標的薬の耐性メカニズム解明のための細胞実験などを始めていく予定です。
臨床・研究共に学び、最先端の医療を常に患者様に提供できるよう、これからも精進を重ねていきたいと考えております。

中邨 亮太

中邨 亮太 大学院生

中邨 亮太
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2015年 京都府立医科大学卒業
2015年 京都第二赤十字病院 初期研修医
2017年 JCHO神戸中央病院 専攻医
2020年 京都府立医科大学附属病院 後期専攻医
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
内科認定医

Message

初期研修終了後、関連施設呼吸器内科で3年間研修を行って参りました。この3年間は主に気管支喘息、COPD、呼吸器感染症など良性疾患を経験して参りました。現在の大学病院では主に悪性疾患の診療を行い、日々新しいことを経験し、少しずつ成長できていると感じています。今後も患者様のため、精進して参りたいと思います。宜しくお願い致します。

河内 勇人

河内 勇人 大学院生

河内 勇人
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2014年 京都府立医科大学 卒業
2014年 市立福知山市民病院 初期研修医
2015年 京都府立医科大学附属病院 初期研修医
2016年 神戸市立医療センター中央市民病院 呼吸器内科専攻医
2019年 大阪国際がんセンター 呼吸器内科 レジデント
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医
日本癌治療認定医機構 がん治療認定医

Message

感染症・COPDから免疫アレルギー疾患・悪性腫瘍まで、急性期から慢性期までという幅広い診療領域に惹かれて呼吸器内科を志しました。急性期病院で呼吸器疾患全般の診療を3年間経験し、その中で肺癌診療についてより深く学びたいとの思いがあり、がんセンターで2年間の診療の後に本年度より大学院に進学しました。興味に応じてオールラウンダー、スペシャリストどちらも目指すことが出来る点も呼吸器内科の魅力の一つだと感じています。
実臨床の場で生まれた疑問に対して、患者さんからいただいた臨床情報を通じて考察を深め、より良い治療へと還元出来る臨床研究に興味があります。大学院生として基礎研究にも携わる事で、より多角的なアプローチで臨床的疑問の解決に繋げられるように研鑽を積んでいきたいです。当医局には個々のニーズに応じたサポート環境があります。興味を持っていただいた先生は是非一度見学に来てください。

石田 真樹

石田 真樹 大学院生

石田 真樹
詳しいプロフィールを見る
出身大学 宮崎大学
主な略歴
2016年 宮崎大学卒業
2016年 洛和会音羽病院 初期研修医
2018年 洛和会音羽病院 呼吸器内科
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生

Message

感染症からびまん性肺疾患、悪性腫瘍等の幅広い疾患から気管支鏡検査の手技があり病歴、身体所見、検査所見から診断、治療方針を判断する呼吸器内科に魅力を感じています。また急性期から慢性期、終末期など幅広い患者さんに関与させて頂いております。呼吸器専門医の数は少なく今後もますます活躍が求められる科だと思っております。呼吸器内科に興味のある先生方と共に働ける日々を楽しみにしています。

平井 聡一

平井 聡一 大学院生

平井 聡一
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2015年 京都府立医科大学卒業
2015年 京都府立医科大学附属病院 研修医
2017年 京都府立医科大学附属病院 前期専攻医
2018年 西陣病院 医員
2019年 市立大津市民病院 後期専攻医
2020年 市立大津市民病院 医員
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
日本内科学会 内科認定医

Message

私は7年目の医師で今年度より大学院に入学しました。大学院在学中に、大学病院や市中病院での勤務を経て様々臨床経験を積む中で起こった疑問を少しでも解決し、近い将来に臨床分野で生きるような研究に携わりたいです。『研究』という、これまでに経験したものとは全く異なる世界で研鑽を積むことで、より多くの地域社会への貢献をできることを目指しています。

尾ノ井 恵佑

尾ノ井 恵佑 大学院生

尾ノ井 恵佑
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2016年 京都府立医科大学卒業
2016年 京都府立医科大学附属病院 研修医
2018年 京都府立医科大学附属病院 呼吸器内科専攻医
2019年 宇治徳州会病院 呼吸器内科専攻医
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生

Message

ご縁があって呼吸器内科に入局し4年目となりました。多くの患者様と関わらせていただきましたがやはり肺癌の患者様は非常に多く、不幸にして救われない命も多いのが現状です。今はまだ厳しい病気である肺癌ですが、その治療は細胞障害性抗癌剤しか選択肢のなかった20年前と比べて驚異的な進歩を遂げており、人類の癌に対する理解が凄まじい速度で深まっているのを感じます。僕が医師でいる数十年の間に人類は癌を克服できるかもしれないと期待を抱いており、そして願わくばその一助になれればと思っております。呼吸器内科医師として癌治療の最前線に立てることに喜びを感じております。今後もより良い医療が提供できますよう精進していきたいと思います。

藤井 博之

藤井 博之 大学院生

藤井 博之
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2016年 京都府立医科大学卒業
2016年 呉医療センター・中国がんセンター 初期研修医
2018年 京都第一赤十字病院 呼吸器内科専攻医
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生

Message

私が呼吸器内科医を目指そうと思った最初のきっかけは学部6回生のクリニカルクラークシップでした。指導医の先生方が、がん患者さんに寄り添いながら診療を進めていく姿に学生ながら憧れを抱いた事を今も覚えています。その後の研修を通じて、感染症・悪性腫瘍・自己免疫疾患と多岐に渡る領域を総合的に学ぶ事の出来る呼吸器内科学の学問的魅力を実感し、呼吸器内科医への道を決めました。初期研修を含めた5年間は市中病院で急性期から慢性期まで多くの症例を経験し、異なった背景を抱える様々な患者さんと向き合ってきました。患者さんが無事に退院出来て喜ぶ事もあれば、救う事が出来ず肩を落とす事もありました。そして、その都度思う事は「どうしたらもっと良かったのだろう?」という日常臨床での疑問でした。今後は大学院生として、臨床で得たClinical Questionを解明し、治療に還元する事で、患者さんに寄り添う医療を少しでも実現出来ればと思っています。

久野 はるか

久野 はるか 大学院生

久野 はるか
詳しいプロフィールを見る
出身大学 金沢医科大学
主な資格・
専門医など
日本内科学会 内科認定医
日本結核学会抗酸菌症認定医

Message

初期臨床研修を終えた後5年間は市中病院で臨床に従事し、今年から大学院生として大学病院に勤務しています。
呼吸器はひとつの臓器に感染症、アレルギー、自己免疫性疾患、悪性腫瘍など多様な要素を含んでおり幅広く疾患を扱えるところに惹かれ入局を決意しました。さらに気管支鏡による診断学から急性期、慢性期さらに終末期まで診れるのも呼吸器の魅力ではないかと考えています。
大学病院で臨床を学びながら最善の医療を患者様に提供できるようこれからも精進して参りたいと思います。

小倉 由莉

小倉 由莉 大学院生

小倉 由莉
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
研修施設 日本内科学会 内科認定医
主な略歴
2015年 京都府立医科大学 卒業
2015年 市立堺病院(現:堺市立総合医療センター)初期研修医
2017年 大阪府済生会吹田病院 呼吸器内科 後期研修医
2019年 京都第二赤十字病院 呼吸器内科 修練医、医員
2021年 京都府立医科大学大学院呼吸器内科学 大学院生
主な資格・
専門医など
日本内科学会 認定医

Message

呼吸器領域には治せる疾患だけでなく、現在の医療では根治させることが困難でうまく付き合っていかなければならない疾患も多くあります。これまでに蓄積されてきたデータを学ぶことはもちろんですが、最善の方法をそれぞれの患者さんやご家族と探っていくことも、呼吸器内科医のやりがいではないかと思っています。これまで当医局外も含めいくつかの施設で研修、勤務してきた中でその思いを強くしてきましたが、大学院へ進学し勉強や研究にも精進しながら、呼吸器疾患をもつ患者さんがよりよく過ごしていくお手伝いが日々の診療の中でできるよう心がけてまいります。

福井 紗理奈

福井 紗理奈 大学院生 (修士課程)

福井 紗理奈
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都産業大学
主な略歴
2020年 京都産業大学 総合生命科学部 動物生命医科学科 卒業
2020年 京都府立医科大学 大学院 修士課程 大学院生
主な資格・
専門医など
実験動物技術者1級

Message

学部時代は、主に肺に関する免疫病理学研究室に所属しており、喫煙とたばこ葉抽出液による肺胞マクロファージの免疫機能とがん増殖への影響について研究していました。現在は、EGFR遺伝子変異を有する肺がんに対する分子標的薬の抗腫瘍効果と喫煙の影響を研究テーマとし、取り組んでいます。2年間という短い期間ですが、研究に励み、大学院生活を有意義なものにしたいと思います。

小畑 雄飛

小畑 雄飛 大学院生 (修士課程)

小畑 雄飛
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都産業大学
主な略歴
2021年 京都産業大学 総合生命科学部 動物生命医科学科 卒業
2021年 京都府立医科大学 大学院 修士課程 大学院生

Message

以前は、主に免疫病理学研究室に所属しており、タバコ葉抽出液による肺胞マクロファージの貪食活性及びCD80、MHC Class II発現に及ぼす影響について研究していました。現在は、間質圧上昇が肺癌に及ぼす影響と新規治療法の開拓を研究テーマとし、日々研究に励んでいます。
社会へ少しでも貢献できるよう磨穿鉄硯し、研究を続けていきたいと思います。

二村 俊

二村 俊 後期専攻医

二村 俊
詳しいプロフィールを見る
出身大学 金沢医科大学
𠮷田 理愛

𠮷田 理愛 後期専攻医

𠮷田 理愛
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
植田 寛生

植田 寛生 後期専攻医

植田 寛生
詳しいプロフィールを見る
出身大学 富山大学
主な略歴
2018年 富山大学卒業
2018年 京都民医連中央病院 初期研修医
2020年 京都民医連中央病院 前期専攻医
2021年 京都府立医科大学付属病院 後期専攻医

Message

学生時代から家庭医療、総合診療に興味を持ち将来の医師像として目標にしていました。医師になり幅広い内科疾患を学び修めることの甚大さを知り内科への道に進みました。内科の中でも、喘息やCOPDといったcommon disease、急性期~慢性期、ひとつの臓器に生じる多彩な病態を診療する呼吸器病学に魅力を感じました。呼吸器内科を1つの柱として持ちつつ、“doctor who specialize in you” を胸にこれからも精進していきます。

新田 直大

新田 直大 前期専攻医

新田 直大
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2019年 京都府立医科大学卒業
2020年 京都府立医科大学付属病院 初期研修医
2021年 京都府立医科大学付属病院 前期専攻医
佐々木 圭

佐々木 圭 前期専攻医

佐々木 圭
詳しいプロフィールを見る
出身大学 京都府立医科大学
主な略歴
2019年 京都府立医科大学卒業
2019年 医仁会武田総合病院 初期研修
2021年 京都府立医科大学付属病院 前期専攻医

Message

呼吸器内科になりたてですが, 精一杯勉強して患者さんに寄り添う医師になりたいと思っています。また, ピアノやゴルフが好きで仕事と両立していきたいと思っています。今後ともよろしくお願いします。

牧野 留美

牧野 留美 秘書

牧野 留美
詳しいプロフィールを見る
田井中 理沙

田井中 理沙 秘書

田井中 理沙
詳しいプロフィールを見る
菅波 薫

菅波 薫 秘書

菅波 薫
詳しいプロフィールを見る

詳しいプロフィールを見る

呼吸器内科の
プロフェッショナルへ

当医局では入局者を随時募集しております。
見学や入局をご希望の方は、お電話、又はメールにて、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ CONTACT

075-251-5513

Fax.075-251-5376

京都府立医科大学 呼吸器内科学教室
〒602-8566
京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465