先輩インタビュー

臨床も基礎研究も含めて、ステップアップ できる大変よい環境

大学院生 森本 健司

森本 健司

大学院へ入学するきっかけを教えてください

市中病院で診療を行うなかで、様々な疑問が出てきました。これまで文献検索や本で勉強してきましたが、自分で研究し、新たな情報を発信することに興味を持ち、大学院進学を決めました。

実際に大学院に進学していかがですか?

臨床研究の論文を作成したり、基礎研究の実験をしたり、充実した毎日を送っています。研究でわからないところが出てきた際も、上級医の先生に相談しやすい環境だと思います。

研究の内容や毎日の生活・意識の変化などあればおしえてください

肺癌の治療抵抗性に関する基礎研究を行っています。実験は1日で完結するものは少なく、何日かに分けて行うものが多いので、事前に計画を立てて行うようにしています。

後輩へのメッセージをお願いします

臨床もそうですが、基礎研究も含めて、ステップアップできる大変よい環境だと思っています。大学院生になると環境の変化で最初戸惑うと思いますが、すぐになれますし、スタッフの先生方も親身に相談に乗ってくださいますので、是非大学院進学もご検討ください。

呼吸器内科の
プロフェッショナルへ

当医局では入局者を随時募集しております。
見学や入局をご希望の方は、お電話、又はメールにて、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ CONTACT

075-251-5513

Fax.075-251-5376

京都府立医科大学 呼吸器内科学教室
〒602-8566
京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465