先輩インタビュー

医局員の意向に沿ったキャリアプランを考 えてくださる、非常に懐の深い医局。

大学院生 西岡 直哉

西岡 直哉

大学院へ入学するきっかけを教えてください

もともと私は呼吸器疾患の中で肺癌に興味を持っておりました。肺癌治療はある程度ガイドラインで治療方針が決まっているものの、未知な領域も多く、医師の経験則で治療を行っていることも多いため、日常の臨床を飛び越えて、これらの経験的治療に根拠を示すような仕事をしたいと考え、大学院に進学しました。

実際に大学院に進学していかがですか?

私は最初の1年目は大学で基礎研究を学び、2年目からは臨床研究のために静岡がんセンターに国内留学させていただいております。静岡がんセンターの患者数は国内トップレベルを有しており、臨床研究を行う上では、非常に良い環境です。私は現在、悪液質に関する研究に携わっておりますが、悪液質研究の第一人者の先生も在籍されており、非常に有意義な時間を過ごしております。

研究の内容や毎日の生活・意識の変化などあればおしえてください

現在、私は筋肉や脂肪などの体組成と免疫療法の関係に関して研究しております。これらの分野はまだまだわからないことが多く、患者さんのデータから免疫療法の治療効果を上げるヒントを探しております。またそれだけではなく、症例数が多い環境を利用して希少疾患の研究にも取り組んでおります。
静岡がんセンターにはレジデントとして配属されているので、研究だけでなく、臨床にも取り組んでおりますが、全ての治療行為にデータを示すことは難しくとも、でき得る限りエビデンスに基づいて治療を行うことが徹底されており、私も常にそれを意識して診療をしております。

後輩へのメッセージをお願いします

高山教授をはじめ、スタッフの先生方は医局員の意向に沿ったキャリアプランを考えてくださります。私ももともとがんセンターに行きたいと考えており、それを教授にお伝えすることで、繋がりがなかったにも関わらず、国内留学が実現しました。非常に懐の深い医局ですので、是非とも入局を考えておられる方は、ご連絡ください

呼吸器内科の
プロフェッショナルへ

当医局では入局者を随時募集しております。
見学や入局をご希望の方は、お電話、又はメールにて、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ CONTACT

075-251-5513

Fax.075-251-5376

京都府立医科大学 呼吸器内科学教室
〒602-8566
京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465