先輩インタビュー

大学院後も基礎研究をじっくり続けられる チャンスを頂けた。

フューチャー・ステップ 研究員 谷村 恵子

谷村 恵子

現在はどんなポジションですか?

本学の女性研究者支援事業のひとつとして設立された、フューチャー・ステップ研究員として、呼吸器内科教室に所属しながら研究を中心とした生活を送っています。大学院後も基礎研究をじっくり続けられるチャンスを頂けて、とても幸運だったと思います。

どのような研究・臨床内容ですか?

ドライバー遺伝子変異陽性肺がんで用いられる分子標的治療薬は、高い治療効果を発揮しますが、耐性化するのが問題となっています。現在、ALK融合遺伝子陽性肺がん細胞に、ALK阻害薬を投与した時に誘導される初期耐性のメカニズムを分析し、克服するための治療方法を検討する、といった内容の研究を行っています。

今後の目標について教えてください

研究者としてのキャリアはまだスタートしたところですので、まずは一つ一つの研究を確実に形にしていくことが当面の目標です。キャリア形成とワークライフバランスについては、多くの女性医師・研究者が悩むところですが、これからライフステージが変化していく中で引き続き研究に携わっていけるよう、自分なりの道を模索していきたいと思います。

呼吸器内科の
プロフェッショナルへ

当医局では入局者を随時募集しております。
見学や入局をご希望の方は、お電話、又はメールにて、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ CONTACT

075-251-5513

Fax.075-251-5376

京都府立医科大学 呼吸器内科学教室
〒602-8566
京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465