京都府立医科大学大学院医学研究科 呼吸器内科学

先輩の声

当科に入局された医局員のメッセージを掲載しています。当科にご興味のある先生方はぜひご覧ください。

前期専攻医(医師3年目)

入局の動機
出身が京都で大学も本学であり、京都で働きたいと思っていたので、自ずから本学の医局に入局しました。

入局してよかった点
医局の雰囲気はアットホームです。また頼れるスタッフの先生には困った時に相談し易く働きやすいです。呼吸器診療は悪性疾患や自己免疫疾患、感染など幅が広く、また気管支内視鏡検査や胸腔鏡検査といった手技もあり興味が絶えません。

大学病院での初期研修を経験して
大学病院は選択できる専門科が多いことが特徴です。自分の興味のある専門科を決めるのに選択肢が多いに越したことはありませんが、志望科がすでに決まっている人も選択できる科が多いので将来目指す専門科に関係する科をローテートすることで知識の幅が広がると思います。僕は本学で2年間研修をしました。1年目研修時には呼吸器内科に入ろうと思っていたため、2年目研修で臨床検査部や緩和科、在宅医療、総合診療内科などの専門に進んだ際に、関係のある隣りの部署や専門科をローテートしました。
現在、前期専攻医として大学病院で勤務しているが初期研修の2年間は充実していたと実感できています。

今後の目標
まずは、一通りのメジャーな呼吸器内科疾患の対応ができるようになることです。

後期専攻医(医師5年目)

私は本学附属病院で研修医として2年間研修し、その後2年間市中病院で呼吸器内科医として勤務した後、再び後期専攻医として本学附属病院にもどりました。

入局の動機
呼吸器内科を志望した理由は、医師としての生き方の多様性に魅力を感じたからです。 呼吸器疾患は日常生活の中で非常に身近なものであり、肺炎、喘息、肺気腫、間質性肺炎、肺癌と様々です。他科の知識も多く必要とし、総合的に内科疾患を評価しなければいけないことも多々あります。そうかと思えば肺癌等のかなり専門的で高度な知識を必要とすることもあり、それぞれ自分のスタイルに合わせた呼吸器内科医へ成長することができ、そんな多様性に魅力を感じて呼吸器内科医になりました。
呼吸器内科医として2年間市中病院で研鑽していた中で、肺癌に苦しむ患者さんに多く出会いました。自分の親よりも若い人や自分と同世代の患者さんもいます。まだまだ治療がわからない場面に歯がゆく感じたことはたくさんあり、なんとか自分の力で解明できないかと思い、専門性追求や研究のために入局しました。

教室の特徴について
府立医大呼吸器内科の医局は非常に雰囲気がよく、ともに研鑽しあえる仲間がたくさんいます。また、府立医大出身の先生だけでなく、他大学出身の先生方がたくさん在籍されており、府立医大出身でない私も容易に溶け込むことができ、府立医大呼吸器内科に入局してよかったと実感しています。この教室に来ることは、将来的に臨床を継続するにも、非常に良い環境だと思いますので京都で呼吸器学を学んでみてはいかがでしょうか。

大学院生(医師6年目)

関連病院で初期研修からの5年を過ごし、2017年4月より京都府立医科大学大学院医学研究科呼吸器内科学に入学しました。
専門科として呼吸器内科を考えたのは初期研修2年目の夏と遅かったのですが、呼吸器内科には感染症、膠原病、アレルギー、悪性腫瘍、緩和ケアなど、様々な分野があり、多分野に興味があったために専門科が決めきれなかった自分にはぴったりだったと思います。 また、熱心な指導医の先生方や楽しい同期、後輩に出会え、大変充実した日々を過ごしています。また、呼吸器内科には先輩の女医さんが多く在籍されており、今後のキャリアーパスについてもよく相談に乗ってもらっています。興味のある方は是非呼吸器内科に気軽にご連絡ください。

大学院生(医師6年目)

私は2017年4月から京都府立医科大学大学院医学研究科呼吸器内科学に入学しました。
研究はイチからのスタートでしたが上級医の先生方にご指導いただき楽しく進めています。外勤先などで適度に臨床に取り組みつつ、疑問を研究現場に持ち帰り活かすことができる環境を大変ありがたく思っています。呼吸器病学の研究に触れ、基礎と臨床の橋渡しができる医師になることを希望される方、是非一緒に、当教室で切磋琢磨していきましょう。

後期専攻医(医師13年目)

平成17年に卒業後、市中病院で研修を重ねていましたが、平成24年に第2子出産後は 非常勤医師として週2,3日の外来業務のみに従事していました。
非常勤医生活も長くなり、勉強し直したいと平成29年入局することにしました。前年に第3子を出産しており、夜間休日の対応等できないことも多く不安もありましたが、環境を整えていただき、無理なく毎日勤務することができています。久々の現場復帰で、分からないことも多いですが、上級医の先生方はじめ医局の先生方、研修医の先生にも助けて頂いています。
呼吸器内科は、検査件数も少ないので女医さんもそれほど負担なく勤められる科だと思っています。家庭との両立を心配されている先生方にもお勧めですので、是非ご検討頂ければと思います。

Contact

〒602-8566
京都市上京区河原町通広小路上ル梶井町465
京都府立医科大学 呼吸器内科学教室

TEL:075-251-5513

FAX:075-251-5376

Link

PAGE TOP